中途採用サイト

中途採用トップページ社員紹介:ウィルウェイで働く理由 > 木佐 和善

塾教師になるまでの経緯

教員になるつもりで進学した大学一回生の時、友人の紹介で塾教師のアルバイトを始めました。ほとんどの生徒にとって初めての大きな関門となる受験を通して、多くの子どもたちに必要としてもらい、目標を叶えるお手伝いができるという事に大きなやりがいを感じました。合格という成功体験を持って高校へと送り出した生徒の何人かは、大学生になってアルバイトとして塾に帰ってきてくれます。子どもたちの成長した姿を見たり付き合いを続けたりする中で、「教育とはずっと繋がっていく」そういう仕事だと学生ながら実感しました。就職活動の時、教えることを深く追求できるのは、学校よりも塾の方が適しているのではないかと考え、塾業界の道に進む決心をしました。

ウィルウェイを選んだ理由

ウィルウェイは、子どもの人口減少に伴う縮小市場の中にあっても、新しく校舎を展開して新規の地域で確実に実績を築いていました。そういった所を当時勤めていた塾から見ていて、ウィルウェイという会社そのものに大きな魅力を感じ始めました。
いくつかの塾で経験を積んでいく中、塾によって方針が異なることが分かってきます。ウィルウェイの一つ前の会社は、塾運営・教育方法のマニュアルが徹底されていて、校舎ごとの自由度はほとんどありませんでした。教えることに集中できる環境とも言えますが、徐々にやりたい事とできる事との間でギャップを感じるようになり、マニュアル通りではなく自分から様々な発信をしたいと思うようになりました。先にウィルウェイへ移った方たちの話を伺う中で、自分の思い描く仕事ができる環境があるのではと考え、思い切ってウィルウェイに来ました。

ウィルウェイはどんな会社?

大きな会社になればなるほど、社内評価を気にして波風立てないというような傾向も出てくるかと思いますが、ウィルウェイは、個人の意見が通りやすく風通しの良い会社です。
例えば、スクールバスで通学する生徒が授業終了後に補習をする時間を確保するために、バスの特別便を増やしたいと声を上げたところ採用されました。このようなアイデアが有効だと分かれば他の校舎もどんどん取り入れます。このほか、欠席した授業を自習できるようにウェブ授業も開始しました。きちんと理解できないままの単元が積み重なっていくことは、生徒にとってデメリットにしかならないので、それを解消するために様々な案を考えます。
「すべては生徒のために」という創業から変わらない理念は頑固に守り通しますが、教育システムや指導方法を変革することは恐れていません
また、研修が充実しているのも特長です。一般的な塾の研修内容は、授業方法や教育指導がほとんどですが、ウィルウェイはそれ以外の研修も整っています。新卒1年目、2年目、校舎の中堅教師、校長といった段階に応じた内容がきめ細かく用意されていて、塾の先生という狭い視野にとらわれずに、いろいろな視座に立つための研修が常に行われています。数値の分析・活用や人材育成などビジネスパーソンに求められるスキルを身に付けることができます。
研修制度について > >

今後のキャリアステップ

現在、校長と複数校舎を管轄するエリア長を兼任しています。自分に与えられた職責が非常に重いものであると十分に認識していますので、現在の仕事を全うすることを第一に考えています。これだけ教室数が多くなりますと、教育の質を向上・均一化するには、人材育成が会社にとって大きな問題になってきます。
校長・エリア長といったリーダーとなる人材をもっときめ細かく育成できるような役割を担えればと思っています。
人事制度 > >

中途入社者にアドバイス

前職の経験や個々の良さをそのまま活かすことができ、有効な意見も柔軟に取り入れてもらえる、そういった風土が大きな会社になってもウィルウェイには色濃く残っていると思います。私自身がそうでしたが、初めは不安でいっぱいの状態で飛び込んで来られると思います。役職・ポジション関係なく、どの先生も教えることが大好きなので、どんな質問にでもきちんと答えてくれます。生徒を育てることはもちろん、人を育てることが好きで、新入社員や後輩を教えることに真摯に向き合っている塾なので、安心して飛び込んでもらいたいと思います。